Home 私達の取り組み 私達の取り組み 地域を支える

postheadericon 私達の取り組み 地域を支える

 

12月4日を「有床診療所の日」に制定!

●12月4日、「有床診療所の日」の制定について 「ゆうしょうしんりょうしょ」と聞いて、「有床診療所(有床診)」と理解できる人は、一体ど広島県ではポスターを作成し各医療機関に配布 のくらいいるのでしょうか? おそらくごく一部の医療関係者以 外は、なかなか理解できないのではないでしょうか。
世間における有床診療所の認知度は低く、その要因には、
自らを有床診療所として名乗ってこなかったことも大きく影響し
ていると考えられ、医療機関の名称に「有床診療所」とある
のを見たり聞いたりした人は多分殆どいないと思われます。 「有床診療所」の存在や意義について、はたしてどのくら
い国民の皆さまは知っているのでしょうか。日医総研の調査
によると、日頃から有床診療所を受診している患者でさえ、
約4分の1の人が有床診ということを知らなかったと答えて
おり、ましてや一般の人々のほとんどは、その存在や意義を
知らないものと思われます。 
また、国会議員やマスコミ関係者においても、有床診療所に
対する認識は極めて低いのが現状です。
有床診は、昭和23(年1948年)に施行された医療法第1条により設置されたもので、「19人以下の患者を入院させるための施設を有するもの」であり、終戦直後、病院の入院病床の絶対数不足に対処するためにGHQが新設したものです。その後、日本独自の医療単位として、有床診という名称が認知されることなく、地域医療の中核を担ってきました。地域に密着した身近な入院施設として、急性期はもとより慢性期そして終末期医療までを、外来、入院、在宅と同じ医師が責任を持って診療を行なうという特徴をもち、また、高齢者の療養や介護の受け入れから、外科系の手術や分娩までも行っています。現在でも、わが国の総分娩数の47%は有床診が担っています。このように有床診は地域医療において大きな役割を果たしており、まさになくてはならない存在なのです。 しかしながら、地域医療の中核的な存在であるにも関わらず、有床診は近年減少の一途をたどっています。有床診の施設数(医療施設動態調査 平成22年8月末概数)は全国10,645施設、その数はこの20年間で半減しており、毎年約1,000もの有床診が病床を閉鎖(無床化)しているのが実態です。このままでは、あと10年後には、有床診が絶滅することになりかねません。 続きを読む…


 

全国には、過疎化、高齢化が進んだ地域があります。

病院は、複数のお医者さんや高額な医療設備を維持するために、莫大なコストが掛かります。

 そのため、病院の統廃合などにより医療施設がない医療空白区が全国に生まれ、医療崩壊という言葉でマスコミに取り上げられたりしています。

有床診療所は、地域の医療を守る拠点として、活動をしています。

介護分野に関しては、診療所によって様々な併設施設があります。往診専門医師の配置や24時間訪問看護、またショートステイの受け入れなどを行っている有床診療所も多数あります。

有床診療所のうち約2割が、終末期患者の受け入れを行っています。がん末期におけるターミナルケア、緩和ケアなど、患者さんだけでなく、ご家族の心理的負担も和らげることができるのは、自宅から近い有床診療所だからこそできるのです。

かかりつけ医を近所に持つことは、肺炎や盲腸炎などの救急時に加え、慢性疾患の急変のような不測の事態にも即対応してもらえます。また、健康のための相談や、管理栄養士からのアドバイスや調理実習、インストラクターによるウォーキング指導など生活に役立つ健康指導も受けることができます。

有床診療所によって、さまざまな取り組みを行っていますので、お近くの有床診療所にご相談下さい。