Home 全国有床ニュース最新号 協議会ニュース 第65号 - 活動報告

postheadericon 協議会ニュース 第65号 - 活動報告

記事インデックス
協議会ニュース 第65号
会長挨拶
次期会長挨拶
活動報告
あとがき
すべてのページ

 第22回全国有床診療所連絡協議会総会開催さる

 平成21年8月1日(土)・2日(日)の両日、熊本県有床診療所協議会の担当により、第22回全国有床診療所連絡協議会総会が、全国より551名の参会者によりホテル日航熊本で盛大に開催された。初代会長の清成正智先生急逝後、12年間にわたり全国有床診療所連絡協議会会長として、山積する有診問題に積極的に取り組んでこられた内藤哲夫会長は、今年度をもって退任されることとなり、後任には神奈川県有床診療所協議会会長の葉梨之紀先生が全会一致で承認された。内藤会長は挨拶の中で、有床診療所の活性化は100%ではないが、皆様のおかげである程度のところまで路線が出来てきた。今後は側面的な協力を行っていくとともに有診の活性化と全国統一化の実現を心から祈念すると締め括られ、会場から大きな拍手がおくられた。

第1回~第2回常任理事会及び第1回~第4回理事会報告

本年度第1回常任理事会が、平成21年7月4日(土)午後6時からと5日(日)の午前10時から学士会館で開催され、5日(日)の午後1時からは、第1回理事会が同会場に於いて開催された。主な議題は、庶務事業報告・決算・予算(案)・事業計画(案)・要望書(案)とショートステイに関する説明、及び新会長の選出についてである。また、日本医師会より今村常任理事が出席され近況報告が行われた。

第2回理事会は、8月1日(日)ホテル日航熊本に於いて総会前に行われた。議題は、前回の理事会で継続審議となっていた日医への要望書(案)の再検討と7月24日から原則として一般医療機関でも新型インフルエンザの外来診療を行うこととなったため、医療監視対策として新型インフルエンザ対応マニュアルを作成してはどうかとの提案が医療安全推進委員会よりあった。その後、各ブロックにわかれて今後の活動について話し合われた。第2回常任理事会は、12月6日(日)午前10時から、第3回理事会は同日午後1時から学士会館に於いて開催された。主な議題は、総会以降の活動報告と福岡県の古賀市で可決された「有床診療所の存続と活用を求める意見書」についてであるが、理事会の議題に入る前に、次期日医会長選挙に立候補されている茨城県医師会の原中会長の挨拶が行われた。その他に来年岡山で開催予定の全国総会についてと作成が遅れている会員名簿は、来年度の新役員が決定してから作成するということで了承された。
第4回(臨時)理事会が、平成22年1月31日(日)午後3時より学士会館に於いて開催された。先ず、内藤会長の挨拶の後、日本医師会の今村定臣常任理事より「有床診療所問題への日本医師会の取組み」についての報告が行われた。その後議事に移り、最初に、前回理事会以降の活動報告が鹿子生専務理事より行われ、次に次期診療報酬改定について、毎回中医協を傍聴されている葉梨常任理事(次期会長)より直近の情報が伝えられた。 続いて、鹿子生専務理事より次期執行部の構成についての説明があり、現役員は3月末日で退任となるため、改めて各県協議会より本会理事1名を選出していただくよう依頼された。また、常任理事は各ブロックで会員数により定数が決まっているので、各ブロックで協議のうえ選出していただくよう依頼された。 

平成21年度有床診療所に関する検討委員会及びワーキンググループ報告

本年度の有床診療所に関する検討委員会及びワーキンググループが日本医師会館に於いて下記のとおり開催された。今期の唐澤祥人日本医師会長からの諮問は、「有床診療所の適正な評価に向けた方策-発展と安定運営に向けて-」であり、平成20年度から8回にわたる議論の末、本年1月に取りまとめられた。報告書では、まず、有床診療所の減尐傾向は歯止めがかかっておらず、深刻な経営状態が現在も続いている現況を説明し、ニーズがあるにもかかわらず採算が取れない実態を「有床診療所経営実態調査」の結果を示して明らかにした。そのうえで、有床診療所が持つ5つの役割・機能を改めて明示し、地域医療において多様な役割を担っている有床診療所について、関係者や国民に繰り返し情報発信して周知・徹底を図る必要性と今後も有床診療所の役割・機能をさらに強化し、より適切な評価がなされるよう求めている。

【有床診療所に関する検討委員会】
[委 員]
・青木 敏(和歌山県医 副会長) ・秋山 眞(富山県医 常任理事)
・伊藤信一(青森県医 常任理事) ・大橋克洋(東京都医 理事)
・大道 久(日大医学部教授) ・角田 均(元三重県医 副会長)
・鹿子生健一(全国有床診療所連絡協議会 専務理事)
・金井忠男(埼玉県医 副会長) ・木村 丹(岡山県医 理事)
・小林 高(元岩手県医 常任理事) ・實藤政理(長崎県医 代議員会議長)
・新沢敏章(栃木県医 常任理事) ・内藤哲夫(横浜市医師会名誉会長)
・西池 彰(北海道医 理事)H21.4.27まで ・沖 一郎(北海道医 理事)H21.4.28より
・松村 誠(広島県医 常任理事) ・美川隆造(元佐賀県医 副会長)
(※委員長:大道 久 副委員長:内藤哲夫)
[日医総研] 江口成美(主席研究員) 

[ 日 医]
・竹嶋康弘(副会長) ・今村定臣(担当常任理事)
・飯沼雅朗(常任理事 副担当) ・藤原 淳(常任理事 副担当)
・三上裕司(常任理事 副担当) ・中川俊男(常任理事 副担当)

【有床診療所に関する検討委員会ワーキンググループ】
(委 員)大道 久、内藤哲夫、鹿子生健一、木村 丹、松村 誠
(日 医)今村定臣、藤原 淳、三上裕司
(日医総研)江口成美

第1回有床診療所に関する検討委員会
日 時 平成21年4月17日(金) 14:00~16:00
議 題 (1) 診療所入院基本料の引き上げに向けた考え方と具体的対応
(2) その他

第2回有床診療所に関する検討委員会
日 時 平成21年6月17日(水) 14:00~16:00
議 題 1.診療所入院基本料の引き上げに向けた考え方と具体的対応
(1)有床診療所現地視察の結果報告と今後の対応
(2)診療所入院基本料の原価計算の現実的な方法と手順
(3)次回改定に向けた有床診療所の評価と加算の具体案
2.その他

第3回有床診療所に関する検討委員会
日 時 平成21年8月19日(水) 15:40~17:30
議 題 (1) 担当理事連絡協議会の論議を踏まえた討議と今後の対応
(2) 診療所入院基本料の引き上げに向けた具体的な提案
-看護配置基準と入院基本料逓減制の見直しの提案

第1回有床診療所に関する検討委員会ワーキンググループ
日 時 平成21年9月25日(金) 15:00~17:00
議 題 (1) 各委員からの意見の確認
(2) 最終委員会に向けた方向性と報告書素案について

第2回有床診療所に関する検討委員会ワーキンググループ
日 時 平成21年10月16日(金) 17:00~19:00
議 題 (1) 看護配置の常置換算の考え方による具体的な提案について
(2) 実態調査に基づく原価割れの程度の推計について

第4回有床診療所に関する検討委員会
日 時 平成21年10月23日(金) 14:00~17:00
議 題 (1) ワーキンググループからの報告
(2) 報告書の取りまとめについて



最終更新 (2010年 7月 22日(木曜日) 21:53)