Home 全国有床ニュース最新号 有診協ニュース第66号 - 「有床診療所の日」制定

postheadericon 有診協ニュース第66号 - 「有床診療所の日」制定

記事インデックス
有診協ニュース第66号
東日本大震災と現地の惨状
被災会員を支援するための募金について
被災地の慢性期患者受け入れについて
常任理事会及び役員会報告
有床診療所に関する検討委員会報告
「有床診療所の日」制定
ロゴマーク募集について
会 員 状 況
訃   報
あ と が き
すべてのページ

 12月4日を有床診療所の日に制定! 

以前より常任理事会では“有床診の日”を作って国民に有床診に関して理解を深める努力をすべきではないかという議論がありました。 「有床診療所の日」として制定した12 月4日の由来は、享保7年(1722 年)12 月4日、江戸の小石川に小石川養生所が設けられ、日本で最初に病床を併設する診療所が設立された日といえるからです。なお、日本医史学会の酒井シヅ理事長より、この日が日本の医療にとっても記念すべき日であり、日付において確かな証拠も残されているとのことです。このような背景から、全国有床診療所連絡協議会では、国民の皆さまに有床診療所の存在や意義を広く周知するために、今般新たに12 月4日を「有床診療所の日」として制定いたしました。また、施設名にも「有床診療所」と名乗り世間的な認知・理解を促進していきたいと思っております。 本年度は、その一つとしてポスターの作成と、12 月4日(日)の「有床診療所の日」に、東京の学士会館においてシンポジウムを計画しておりますので、ご家族・職員の方々などお誘い合わせの上、多数の皆様のご参加をお願いいたします。



最終更新 (2011年 7月 02日(土曜日) 17:43)