Home

2016/4/21

平成28年熊本地震支援金のお願い

 

この度の平成28年熊本地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧と皆様のご健康をお祈りいたします。

余震の続く中、心身の疲労や建物・機械類の破損に加え、道路・水道や電気などのライフラインの復旧が不完全な状態で診療されている会員の先生方は、大変なご苦労をされていることと思います。

つきましては、全国有床診療所連絡協議会として、被害を受けられた本会員の皆様を励まし、少しでも支援するために支援金を募集することに致しました。  集まった支援金は特別会計を設け、被災された本会員の皆様に、被災された県の有床診療所協議会を通じてお届けする予定です。

本会員の皆様におかれましては、多大なるご協力を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

2016/3/18

全国有床診療所連絡協議会ニュース 第72号を掲載いたしました。
会員の皆様はログイン後、資料のページからご覧頂けます。

 

2016/3/15

> >さらに、平成28年度の診療報酬改定において、診療情報提供書等の電子的な送受に
> 関する評価
> >として、点数が新設予定となっております。
> >全国有床診療所連絡協議会としても、日本医師会と共同し、この取り組みを推進し
> ていく所存で
> >す。詳細についてはドクターページに掲載しておりますのでご覧ください。

現在各県において、日医の医師資格証(ICカード)による、各種委員会・研修会の 出欠管理、身分証明書等での利用が徐々に普及しております。

さらに、平成28年度の診療報酬改定において、診療情報提供書等の電子的な送受に 関する評価として、点数が新設予定となっております。
全国有床診療所連絡協議会としても、日本医師会と共同し、この取り組みを推進していく所存です。
詳細についてはドクターページに掲載しておりますのでご覧ください。

 

2016/1/1

新年明けましておめでとうございます。

 

昨年は入院基本料がアップしましたが、相変わらず経営環境は厳しい状態が続いております。

これからの有床診療所は、超高齢化している地域において地域包括ケアなど国民から求められる方向で医療・介護の中核となる事が期待されています。

今年も有床診療所の活性化を目指して役員一同頑張りますので宜しくお願い致します。


 

2016_1

 

 

 

2015/8/10

有床診療所と自宅が同一建物の場合のスプリンクラー設置について

 

有床診療所と自宅が同一建物の場合のスプリンクラー設置について、設置後に消防署より不備を 指摘されるケースが出ておりますので設置計画中の方は業者だけでなく、契約・設置前に地元の 消防署に相談・確認を行って下さい。

 

はドクターページをご覧下さい。

 

2015/7/27

DSC_0130

  去る、7月25日・26日の両日、水戸プラザホテルに於いて第28回全国有床診療所連絡協議会総会が開催されました。
今回の総会では要望書が採択され、日本医師会の横倉会長へ直接お渡し致しました。
要望事項は下記のとおりです。


DSC001531.有床診療所機能強化のための診療報酬引き上げ
2.有床診療所新規開設規制の緩和
3.施設継承時の相続税問題の解消
4.スプリンクラー設置の補助金継続及び建築費用高騰の対策
5.有床診療所協議会から中医協委員の推薦

DSC_0128

全国より多数の会員各位のご参加により、盛会裡に終了することが出来ました。
心より感謝申し上げます。

2015/4/28

  介護療養型医療施設の療養機能強化型の算定要件の留意事項通知について
詳しくはドクターページからログインしてご覧ください。

2015/1/8

  平成26年度スプリンクラー設置が決定された有床診療所の皆様へ

平成26年度分の補助金でスプリンクラーの設置が決定された医療機関で、未だに未契約の施設が12月末の時点で多数あることが判明いたしました。また、平成27年3月31日までにスプリンクラー設置工事を完了させていないと補助金の支払いができないと厚生労働省医政局より連絡がありました。

近日中に各県の医療指導課から連絡があり指導が行われます。

3月末までにスプリンクラー設置業者へ工事を完了させるように督促してください。


つきましては設置が遅れている医療機関はその理由を至急、全国有床診療所連絡協議会 事務局までご連絡ください。

全国有床診療所連絡協議会 防災対策 田坂 健二

全国有床診療所連絡協議会 事務局
TEL:092-986-2664  FAX:092-724-4776